Latest Posts

パーソナルトレーニング

ダイエットはあくまでも個人的なことですが、目的を果たすためには、運動だけではなく毎日の食事など生活習慣への配慮も必要となってきます。ただ、実際のところ、運動や食事などに常に、そして継続的に注意し続けるのは難しいものです。そこで、スポーツクラブという場に身を置き、第三者の目を意識することによって、ダイエットにも自覚が生まれますし、つい自分に甘くなってしまう部分を見直すこともできるのです。

東京に本社を置き、フィットネスクラブやスポーツクラブを経営するとある企業のスポーツクラブでは、さまざまな形のパーソナルトレーニングを受けることができます。一口にダイエットといっても、プロポーションをよくする、運動の習慣をつける、体のバランスを整える、体の内側の筋肉を鍛えるなど、さまざまな形のアプローチがあります。同クラブでは、それぞれの分野の専門スタッフによるトレーニングを受けることによって、効果的にダイエットを行うことができます。プロのサポートを得て行うトレーニングのため、1~3か月という限られた期間でも効果を実感できるプログラムになっています

不動産系の会社が経営するとあるスポーツクラブでは、ダイエットプログラムにスマートフォンのアプリを活用し、食事のアドバイスや体のデータ入力、日々の食事の記録など、データの管理とトレーナーとのコミュニケーションに役立てています。こちらもトレーニング期間は1~3か月前後です。また、ウエストや背中など、気になる体のパーツを中心に鍛えるためのプログラムも用意されています。

スポーツクラブでダイエット

スポーツクラブというと「運動をするところ」というイメージが強いかも知れませんが、広く「健康な生活を送るための活動をする」と考えれば、運動だけではないサービスが受けられることも納得できるでしょう。運動をする習慣のない人にとっては身近には感じられないかもしれませんが、例えばダイエットのために利用することができると知ったら、より身近な施設に感じられるのではないでしょうか。ダイエットはもともと「食餌」という意味ですが、単に食事を減らすといったことだけではなく、適度な運動を行うことが非常に重要になってきます

ダイエットという目的がはっきりしているのであれば、漠然と大勢で一緒に運動を行うのではなく、自分の状況と目的に応じたメニューを組んでもらって行うのが効果的でしょう。こういったダイエットのための個人的なプログラムを専門にしているトレーニングジムもありますが、効率的である一方で費用が大きくなるという傾向があります。適度に体を動かしながらダイエットにもつなげたいと考えるのであれば、ダイエット用のプログラムも行っているスポーツクラブを利用することをお勧めします。

ひとくちに「ダイエット」といっても、その目的はさまざまでしょう。期日を決め、その時までに達成したい目標がある、または健康維持が前提で、体に無理のないように時間をかけて運動をする習慣をつけたいなど、個人によって必要とするものは大きく異なっています。以下では、このような個人的なことについてなぜスポーツクラブに通う必要が生じるのかについて考えていきます。

スポーツクラブでできること

スポーツクラブ、またはフィットネスクラブと言われる民営の施設は、利用者の便を考え、都市圏では駅前など、また大型ショッピングセンターの中や幹線道路沿いなどに立地することが多くなっています。クラブの主な施設はトレーニングジム、スタジオと室内プールで、これらを使ってスポーツなどを行うことになります。

日本のスポーツクラブは、1970年代から多く造られるようになり、バブル経済期に数を増やしました。その後、中小のクラブを大手が買収するなどして整理されてきました。最近では、さまざまなスポーツを体験するだけではなく、ダイエットやメタボリック症候群の防止など、健康な体づくりのためのプログラムも多く行われています。

トレーニングジムには、筋肉を鍛えるための機器や道具が置かれており、目的に応じたトレーニングを行うことができます。スタジオでは、広い空間で他の参加者と一緒にさまざまなエクササイズを行うことができます。ヨガやピラティス、エアロビクスやダンスなど、内容は多岐にわたります。

また、シニア世代を対象として、骨や関節、筋肉の衰えによるロコモティブシンドロームを予防するために無理なく体を動かすことのできるプログラムを提供しているスポーツクラブも増えています。室内プールでは、泳ぐだけではなく水の抵抗や浮力を利用して、歩いたり水の中で体操を行ったりなど、体に負担のかからない運動も多く行われています。

スポーツクラブとは

スポーツクラブというと、どのようなところをイメージするでしょうか。公益財団法人日本スポーツクラブ協会の定義によると、スポーツクラブとはスポーツを愛好する者の自発的・自主的な団体であるとされます。そこでは規約など一定の規範のもとにスポーツ活動が行われます。スポーツクラブそのもののおこりは、イギリスを中心とする西欧諸国で、当初は貴族などの特権階級の人々のためのものであったのが、次第に労働者など一般の人々も使えるものになっていきました。

Wikipediaでは、スポーツクラブを以下の4種に分類しています。学校の生徒を対象とする「学校スポーツクラブ」、企業の社員を対象とする「企業スポーツクラブ」、営利目的で運営される「民営スポーツクラブ」、地域に根ざして活動する「地域スポーツクラブ」です。「学校スポーツクラブ」はクラブ活動、「企業スポーツクラブ」は実業団、「地域スポーツクラブ」はスポーツ少年団など、別の名称でも広く親しまれています。

特定の組織に属さない個人も、入会金や月ごとの会費を支払うことで利用できるのが民営のスポーツクラブです。それぞれのクラブには、インストラクターやトレーナーと言われる指導者がおり、利用者の希望や体力などに応じたプログラムを受けることが可能です。

日本の民営のスポーツクラブは、フィットネスクラブと呼ばれることもあります。スポーツを体験するだけではなく、健康づくりや体力向上などの目的をもって体を動かすためのプログラムも設定されています。ここでは、実際にスポーツクラブではどのようなことができるのかについてお話ししていきます。